カナガンキャットフードのレビューを見ていると、高級品なのに食べない というレビューを目に入ったかと思います。

それは、カナガンキャットフードが悪いから猫が食べないと記載しいる人も多いようです。

しかしながら、ホントにそうでしょうか?

猫も人も同じですが、小さい頃に味覚が構築されます。小さい頃に食べていたものを気軽に、食べる傾向が高いということです。

外国の話ですが、捨て猫を拾ったセレブな女の人がその猫ちゃんを育てると決めたのです。捨て猫がグッタリしているのを見てものすごく可哀想に感じられたからだそうです。

そのようにして、海の見える高級住宅にその猫を持って帰って、当初のうちはミルクを与えていたんです。

始めたころは警戒していましたが、その猫も信用してミルクを飲み健康になっていきました。

まだまだ子猫だったので、ミルクである程度生育してきたときに、そのセレブの女性は更にこの子に元気よく健康に長生きしてほしいと思って、高級品のキャットフードをあげました。

ところが、この猫はいっこうにこの高級品のキャットフードは食べませんでした。

なぜだか、分かりますか?

そうです。

この高級品のキャットフードが悪いわけでなく、キャットフードに慣れていなかったんです。

 

捨て猫で成長したその猫は、高級品のキャットフードで健康にいいというのはわかることはありませんし、当然表示もわかりません。

ですので、自分が過去に食べていたものではないから危ないと思って食べなかったんです。

猫によって違いますが、この猫は味覚がいつもと異なるから高級なキャットフードでも食べなかったということであります。

ですから、高級なキャットフードが原因というのではなく味の問題なんです。

しかし、人と一緒で動じずに食べる猫もいます。

食べてくれたら、高級品のキャットフードは猫の健康に気を遣ったキャットフードだからベストだと思いますね。

猫ちゃんも人間と同じく味覚の形成や、嗜好が違うため、高級品とは言っても必ず食いつきが良いというのはないです。

逆に安い餌の場合は、添加物を大量に入れることで食いつきを高めていることもあり得ます。

 

添加物がたくさん入った美味しい食べ物は人間のジャンクフードと一緒。

高級品のキャットフードは、あなたの食べる「健康にはいいけどちょっと味気ない質素な食事」といった風な感じといえるのではないでしょうか。