カナガンキャットフードを食べて体調が悪くなった・下痢になったという口コミがありました。

全ての猫がそうなったわけではありませんが心配ですよね?

そこで本当にフードが原因なのかを調べてみました。

下痢の原因

カナガンキャットフードはグレインフリーキャットフードで、高たんぱく質です。

⇒高齢猫に与えると腎臓に負荷がかかるケースがあります

カナガンキャットフードは、穀物アレルギーに気遣ったグレインフリーフードです。

グレインフリーフードのキャットフードの場合では、健康に配慮したキャットフードであるのが多く、脂肪があまりなく高たんぱく質です。

この高たんぱく質という成分が、不慣れな猫においては慣れていないだけに、突如高たんぱく質な餌だけを食べさせてしまうと消化の負担に変わります。

人間も、猫も一緒のことですが、いきなり食生活が変わると当然体の負荷になります。

段々と慣らしていくのがベストな形です。

 

体調が悪くなるのはフードのせい?

 

 

カナガンキャットフードを食べて体調が悪くなったというレビューがありました。

どうしてなのか確かめてみれば、カナガンキャットフードは健康に配慮したキャットフードであるということで、体調がすぐれない猫ちゃんに与えたという投稿が比較的あります。

体調が悪いから、良いキャットフードを与えて回復してほしいと考えての配慮と思われます。

確かにこれについてはやってしまいがちです。

しかし、急に高たんぱく質の餌に切り替えるのは体にストレスが掛かってしまうこともあるそうです。

体調が本来すぐれない猫に健康になってほしいから、カナガンキャットフードに期待してあげたら、突然過ぎて体調を重症化させてしまったというものです。

最初にある程度チェックしてから、少しずつ餌がその猫ちゃんに合っているのか雰囲気を見て変えていくべきです。

カナガンキャットフードの口コミにおいては去勢手術後にカナガンキャットフードに変えて体調管理が成功したという口コミもあり、決してカナガンキャットフードだけが原因ではないと言えます。